カラオケまでクレイジー

カラオケって、よく行きます。ってか、好きです。家族で行くことが多く、我を忘れて熱唱するのが我が屋流です。
父とよくデュエットするけど、全曲アレンジで、全部韻を踏んでないのが遺伝か!?母にペリカンと呼ばれていても、まったく気にしませんけど、なんっすか!!(笑)

img_2622.jpg

で、親子でカラオケはすごく良いことなのに、アメリカはカリフォルニア州でケニー・チェズニーの歌をカラオケで歌った息子にキレた父親が、息子に向かって発砲、銃撃戦になるという事件が起きました!!

まじで、あり得ないんですけど!!

暴行容疑と殺人未遂の嫌疑をかけられているのが父親のウィリアム・オラー70歳、彼と息子のオラー・ジュニアが自宅にいた際に、息子が歌っていたカラオケで2人は口論になり、銃撃事件にまで発展したようです。

息子の歌が原因で激怒した父親のオラーさんは、セミオートのハンドガンを、自分のピックアップトラックから持ち出してくると、息子に向かって発砲しました。

ジュニアは腕に銃弾を受けましたが、死ぬかもしれないと思った彼は、自分も銃を持ち出して必死に応戦!

自宅は一気に銃撃戦の戦場と化してしまった訳だけど、オラーさんの方も息子の銃弾を受けて負傷しました。

騒ぎを聞きつけて警察が到着した時にはまだ喧嘩は続いていて、オラーさんは足を怪我、ジュニアは複数の弾を受けて苦しんでいたんです。

ジュニアがケニー・チェズニーの何の曲を歌った事でケンカになったかは、明らかになっていないみたいですが、歌のクオリティが気に食わなかったのか、選曲が気に食わなかったのか…

でもそんな些細な事でも銃撃戦になる辺りが銃社会の怖さというかなんというか…

アメリカ人っていかれてる!



Filed under: 未分類 — 16:22:00